九十九里浜松林内の田村別荘で病気療養をしていた妻智恵子を気遣い、高村光太郎は毎週末に九十九里町を訪れていました。碑には、「智恵子抄」の一節、「九十九里の初夏」が刻まれています。


お問い合せ
Copyright (c) 2009 Kujukuri Chiiki Kanko Shinkou Suishin Kyogikai.